« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月27日 (月)

山下菊二展始まりました

3月のコラージュ展に続いて、6月は油彩の小品にて山下菊二展を開催致します。

本日より約一ヶ月近く開催しますので、何度でもお出ましくださいませ

今回は18点ほど並べてみました

肖像画?人物?半分人?生物?などなど。。。

性別その他不明な方々がずら~っと並んでおられます。

P1100724

P1100725

ちょっと遠めで見えないよなんておっしゃらず。

これだけずらり並んでおりますので、実物をじっくり見ていただいたほうがいいに決まってます。

こちらの画廊に来られたことのあるお客様には言うまでもなく、小品であっても山下菊二の魅力は満載ですので、今年は大作じゃないのね~なんておっしゃらずに、限られた空間の中に描かれた菊二感を存分に味わっていただけると思いますので、ぜひお出掛けください。

では、案内状にも使いました特にお気に入りの一枚をアップに致しましょう

P1100726

タイトルは『妖星』1969年の作品です。

どちらの星の方でしょうね。ひまわりのような太陽のような陽気なお花がたくさん咲いている星なんでしょうかね

妖星から見た地球はどんな風に映っているのでしょう。

このウインクは妖星人から地球人へのメッセージでしょうか。

それとも、地球自体が妖星とか?

妄想は膨らみます。短い物語でも出来そうです

みなさんもストーリーを探しに来て下さい。

小品こそ、伝えたいメッセージが凝縮されているので、より深い気がします。

梅雨の晴れ間を見つけて、ぜひお出掛けください

山下菊二展

2011.6.27(月)~7.22(金)

休廊日:7/3(日)9(土)10(日)16(土)17(日)18(月・祝)

|

2011年6月14日 (火)

ミンナート展 後期始まってまーす!

ブログの更新が遅れましたが、先週の木曜日からミンナート展の後期が始まっております

前期は1972年頃の作品でしたが、後期は1995年頃の作品を展示しております

初期の作品は、キャンバスに油彩のもの、後期は紙に油彩で描かれた作品なので、雰囲気も全く異なる作品となっております。

両方をご覧になられた方は、同じ作家さん?と思われるかもしれませんね。

前期を見逃した方、一つ前のブログの画像と見比べてみてください。

P1100604

P1100606

比べていただけました?どうですか?

キャンバスと紙との素材感の違いももちろんありますが、20数年経つとこうなりましたというミンナートの変遷もご堪能いただけるのではないかと思います。

今回は風景画です。

どれも抽象ではありますが、これは海かな?これはミンナートの住んでいたベルギーの自宅の周辺の風景かな?などなど、想像力は膨らみます

P1100605

真ん中の黄色が際立つ作品は 『MOISSON ― 収穫』という題名です。

この作品から 『収穫』 をイメージできそうですか?

ぜひ想像してみてください。

行った事はないけれど、写真で見たミンナートが暮らしていた町の空気感が伝わってきます。

どれもベルギーの風景です

ミンナートが見ていた風景です。

一緒に感じてみてください。

フランス・ミンナート展 <後期>

2011.6.8(水)~24(金)

休廊:6/11(土)12(日)19(日)

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »