« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

杉原清司展 開催中

秋が深まってきました

夜は急に冷えたりしますので暖かくしてお出掛けください

さて、今週から『画廊コレクションによる 杉原清司展』が始まりました。

今回は、1980年代から90年代の油彩を14点展示しております

Photo

Photo_5

Photo_9

Photo                       迷子    1997年    F30号    油彩

一度観たら忘れられない味わい深い絵。

それが杉原作品の魅力です

その時々の時事問題を込めて制作されていますが、先生に色々質問しても
いつも答えは一緒です。

「何が描いてあるかは聞いたらだめなんよ。」

自由に観て自分なりにストーリーを考える。

そんな楽しみ方を望まれていらっしゃるようです

肩の力を抜いて、ユニークな作品をぜひご覧ください

会期:2013 10.28(月)-11.8(金)

休廊日:11/3(日・祝)、4(月・振休)

営業時間:10:30~18:30(最終日は17:00まで)

|

2013年10月26日 (土)

次回展覧会のお知らせ

10月28日(月)から『画廊コレクションによる 杉原清司展』を開催いたします。

今回は、1980年代から90年代の油彩を13点展示する予定です。

ちょっと哀愁漂う、ユニークな作品です。

会期は2週間。

ぜひお出掛けください

Dm_2

会期:2013 10.28(月)-11.8(金)

休廊日:11/3(日・祝)、4(月・振休)

営業時間:10:30~18:30(最終日は17:00まで)

|

2013年10月23日 (水)

齋藤晃司展 開催中

前回告知をさせていただきました『齋藤晃司 展』が今週から始まりました

齋藤晃司(さいとうこうじ)先生は、1937年埼玉県生まれ。
1959年より前衛美術展に出品。以後、個展やグループ展、齣展に出品。
現在も齣展で活躍されています。

今回は、4年ぶり6回目の個展となります。

油彩<2010-2013 異相シリーズ>を20点展示しております

Photo_3

No_5                 異相    2013年    116×91cm    油彩・キャンバス

口をぽっかり開けた、様々な表情の大小の顔が並んでいます

先生によれば、自己の内深部より立ち現われるメッセージを面相を借りて
表現しているそうです。

まず、画面に黄土色の下地を塗る。この最初の下塗り作業が大事だそうです。

次に、下地を完全に乾かして上に黒を重ね塗りし、乾かぬうちに布で黒を拭き
取って形を作っていく。

拭き取り行為は無意識に行い、自動的、情動的に発動したフォルムに自分の
イメージをかぶせるようにして描いていきます。

見れば見るほど、複雑怪奇な世界。

温厚そうな先生の内に潜むものたちは、何を伝えようとしているのでしょうか。

彼らの声に一時耳を傾け、何かを感じていただければ幸いです

展覧会は26日の土曜日まで。

大型台風が接近しておりますので、お天気に気を付けて
ぜひお出掛けください

会期:2013 10.21(月)-26(土)

営業時間:10:30~18:30(最終日は17:00まで)

|

2013年10月15日 (火)

次回展覧会のお知らせ

10月21日(月)より、『齋藤晃司 展』を開催いたします

当画廊では、1978年に第一回の個展を開催し、今回で6回目の個展と
なります。

油彩の<2010-2013 異相シリーズ>を十数点展示する予定です。

ぜひご覧くださいDm会期:2013 10.21(月)-26(土)

営業時間:10:30~18:30(最終日は17:00まで)

|

2013年10月10日 (木)

染木煦の一世紀展 開催中

爽やかな風にキンモクセイの芳しい香りが漂いはじめました

今週から『染木煦の一世紀』展が始まりましたので、ご紹介いたします

去年の夏頃、13年ぶりに画廊コレクションによる展覧会を開催いたしましたが
今回はご家族が所蔵されている1000点余りの作品の中から、19点の油絵を
お借りして展示しております

Photo

染木さんが南洋群島へ渡航した際の現地の風景や動物、人物画が活き活きとした
タッチで描かれています。

人物画はとても興味深い作品が沢山あります。

島によって生活や装いが違うようで、素肌に腰ミノと装飾品を付けた人もいれば
西洋の影響を受けた洋装の人も描かれています。

Photo_2                        マーシャルの少女    F6    油彩

「マーシャルの少女」は、南洋群島がかつてドイツ領であったことを物語っています。

白いワンピースでしょうか、褐色の肌によく似合っていますね。

染木さんの作品はどれも貴重な歴史の資料と言えます。

ご家族が毎日いらっしゃいますので、色々とお話も聞けますよ

南洋群島を目指した画家や彫刻家の作品展はなかなかお目にかかれません。

この機会をお見逃しなく

秋のお散歩がてら、ぜひ足をお運びください

会期:2013 10.7(月)-10.18(金)

休廊日:10/13(日)、14(月・祝)

営業時間:10:30~18:30(最終日は17:00まで)

|

2013年10月 1日 (火)

次回展覧会のお知らせ

10月7日(月)から、『染木煦の一世紀』展を開催いたします

かつて日本が委任統治し、「南洋群島」と呼んだ南の島々に多くの
画家や彫刻家が渡り、風土や文化に着想を得た作品を遺しました。

染木さんもその一人で、絵画制作と民俗学調査のために1934年に渡航
88年の生涯で制作した作品は1000点を超えます。

今回は、ご家族が所蔵されている作品の中から19点をお借りして展示する
予定です。

画家と学者の立場から見た人物や風景が色鮮やかに描かれています。

会期は2週間。

ぜひご覧ください

Someki

会期:2013 10.7(月)-10.18(金)

休廊日:10/13(日)、14(月・祝)

営業時間:10:30~18:30(最終日は17:00まで)

|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »